どんな場所でも出会いを探してる

ランキング1位セフレ募集掲示板サイト人気№1
会員数★★★★★
運営歴★★★★☆
有名度★★★★★
料金無料
ランキング2位セフレ募集掲示板サイト人気№2
会員数★★★★★
運営歴★★★☆☆
有名度★★★★★
料金無料
ランキング3位セフレ募集掲示板サイト人気№3
会員数★★★★☆
運営歴★★★☆☆
有名度★★★★☆
料金無料
セックスフレンドがいる人達は、そのきっかけを伺ってみると実に様々で、人生の出会いの妙に感じ入ってしまいます。

ある既婚の男性は町内の催しに参加した際、子供同志が仲良しで、その子のママと知り合い、それがきっかけで、やがて深い関係になっていったそうです。中には毎朝出勤する時に挨拶するだけの人妻と、気がついてみたら人目を盗んで逢い引きする仲になっていた、という人もいます。

このようにセックスフレンドの関係にある二人で、最初は異性として全く意識してなかったけど、なぜか知らぬ間に肉体関係を結ぶ仲に発展していた、というケースが多いのです。それはつまり、セックスフレンドに発展する関係性は、日常生活のどこにでも潜在してるということでもあります。

もちろん、挨拶するだけの関係で終わる人もたくさんいます。殆どの人がそうでしょう。タイミングとか巡り合わせが絶妙に合わないと、滅多にセックスフレンド関係までいくものではありません。お互いにルックスの好みが合ったり、性格的に魅力的であるとか、二人の相性の他にも、セックスフレンドを作る意欲の有無とか、アプローチ方法など戦略に関わる力量も関係してくるものだからです。

一番大切なのは、セックスフレンドを構築するための強い意志でしょう。待っているばかりでは、誰も「セックスフレンドになりませんか?」ときいてくれません。ネットでも現実の社会でも、積極的に出会いのチャンスを活かせるかどうかは、とても重要なのです。

セックスフレンドが欲しいと言う人は大勢いるのですが、彼らの大半はセックスフレンドを作る努力をしてないようです。向こうから転がり込んでくるのを、ただ待ってるだけの状態。そんなラッキーな人なんてまずいないのに、現実世界でもネットでも、相手がこちらに言い寄ってくれるのを待つばかり。

それでは、いつまでたってもセックスフレンドと知り合う事すらできないでしょう。それはセックスフレンドを作りたいあまり、露骨に口説けという意味ではありません。

女性に嫌われるだけですので、やめておいたほうがいいでしょう。

普段は紳士然として女性と接しておいて、勝負時に男らしいところを見せて女性をものにする。そんなダイナミックな戦略が求められるのです。

本能や性欲を大事にする

セックスフレンドの良い点を挙げてみましょうか。

まずはなんといっても、恋愛関係抜きでセックスできる便利さがあります。もっとも、そういう関係が良いか悪いかは人それぞれの価値観によって変わってきますが。

ただ、一つ言えることは、セックスを楽しんでる男女は誰かに強制されてしてるわけじゃないということ。お互いの意志により、納得した上でセックスする関係ですので、当事者以外の世間が何を言おうとも関係ない、なんら干渉されるモノではないのです。もちろん法律的にも何ら問題ありません。

もちろんセックスフレンドの二人のうち、どちらか一方がやや不満に感じる時はあります。それはセックスのテクニックの問題で片方が未熟な場合、もう片方に不満が残る場合があるからです。この不満はいずれ解消できるでしょう。

それよりも片方がセックスを遊びとして楽しんでるのに、もう片方が相手に本気で惚れてるような場合は深刻です。しかもそれがばれると嫌われやしないかと、ずっと隠したままセックスを続けてるような場合、そのうち無理がたたって関係が破綻するか、ついに打ち明けて関係が解消されるなど、悲劇的結末が待ってるものです。

ですから、相手とは単なるセックスフレンドに過ぎない事を忘れないようにして、セックスだけに集中するようにするべきなのです。そうすれば二人の関係はもっと長続きします。恋愛感情などはセックスフレンドとして楽しむ二人に必要ありません。

そんな事を考えるより、いかにして相手と気持ちよいセックスができるかに集中すべきでしょう。結果として、より充実したセックスフレンド関係を長く続けられます。

「そんなの無理。相手にはもっと精神的な結びつきを求めたい」と考えるようになったら、もうセックスフレンドではなく、恋愛関係です。

そういう関係をお互いに望むようでしたら、これまでとは違った努力も必要になってきますが、それはそれで大変な苦労です。セックスフレンドの目的はセックスの快感だけですので、多少の精神的繋がりは必要かもしれませんが、あくまで主体は性的快楽にあるのです。

その目的さえ理解できていれば、セックスフレンド関係を良好に続けていく上で、恋愛感情など障害以外の何ものでもない事を理解していただけると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ